先進のシステム技術を柔軟に運用し、物流業務品質の向上を図り、出版社さまのご要望に沿うよう、きめ細かなサービスを提供してまいります。

IMG_1830_edited_edited.png

代表挨拶

 出版ネット&ワークスは、小学館、集英社をはじめとする、一ツ橋グループの物流を担う昭和図書株式会社を母体として誕生いたしました。


 弊社は2005年の創業以来、昭和図書が半世紀以上にわたって蓄積してきた出版物流の経験と、これまで築き上げてきた物流技術を余すところなく継承し、新しい会社ならではの柔軟な発想力と対応力で、これまでにはないきめ細やかなサービスを提供してまいります。

 社名の「ネット」が意味するものは、『柔軟なシステム技術』であり、「ワークス」が意味するものは『その適切な運用』です。弊社はこれからもこの社名に恥じぬよう、先進のシステム技術を柔軟に運用し、お客様のご満足を追求してまいります。
ますます進化し続ける、これからの出版ネット&ワークスにどうぞご期待ください。

 代表取締役社長

本島進